「第24回今津人形芝居定期公演会」が開催されました

 10月24日(日)今津小学校体育館にて、3・4年生の児童57名による第24回今津人形芝居定期公演会が開催されました。
 昨年はコロナウイルス感染症拡大防止のため中止となりましたが、今年は観客を関係者及び保護者に制限の上、感染防止対策を徹底した中で開催をすることが出来ました。
 3・4年生による「傾城阿波の鳴門〜巡礼歌の段〜」、恵比寿座による「戎舞」の演目が演じられました。体育館の舞台に装飾されたススキや竹の背景は風情があり、とても良い公演でした。
 コロナの影響のため稽古の時間が少なく、例年と違う形での実施に子ども達や関係者の皆さまは大変苦労されましたが、子ども達は練習の成果を発揮して演じることができました。子ども達や来場された保護者の方々にとって記憶に残る公演会となりました。

 今回も今津自治協議会をはじめ、多くの皆さまのご協力を賜り誠にありがとうございました。

★終了後のインタビュー
お母さん役のおゆみの頭を担当した児童は「緊張して疲れた」と、ホッとした表情で話してくれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました