BACKNUMBER

役員等コメント

 古藤 英俊  【今津校区自治協議会会長、校区防災会会長、定住部会部会長】

 今津校区自治協議会会長の古藤英俊です。
 私は昭和35年3月に今津小学校を91名で卒業しました。卒業生のピークはその翌年の94名です。それから57年経過した現在の卒業生が20名程度になっています。当時に比べて、職業の変化及び利便性を考えて今津を離れて行かれた方が多かったこと、また、昭和43年に都市計画法が改正されまして、今津校区は市外化調整区域の認定されましたことで、住宅を建てることに制限がありましたために法改正から、丁度、50年経過しましたが、福岡市で八つの校区に数えられる過疎地区になっています。
 また少子高齢化が急速に進みまして、超高齢化区域になりました。昭和バス西浦線の運行回数も大幅に減っています。

 この今津校区の課題に対し、現在、土地利用規制の緩和により、既存住宅内の空き地を活用し、誰もが住むことが出来る制度を今津校区で進めています。また、先に、規制緩和の認可を受けた長浜地区では、新しい家がどんどん建っていまして、若い所帯の方が増えています。
 今津の環境・伝統等の特性を生かして、住んでいる人の立場から考え、みんなで意見を出し合って、校区の事業計画の『子どもが増える環境づくり』を進めて行きます。そして、今津に住みたい人を増やしていって、活気あるまちづくりを行い、安全安心で魅力ある校区を目指していく所存でございますので、皆さま、ご協力の程宜しくお願いします。


 大歯 憲一  【浜崎町内会会長(二期目) 今津校区自治協議会副会長、イベント部会副部会長 環境活動改善グループ 献血推進協力会会長】

 浜崎町内会長の大歯です。
 2期目(1期2年)を迎え、併せて今津校区自治協議会副会長を務めることになりました。何かと忙しくなりましたが、周りの役員の方々と協力し、安全で安心なまちづくりに取り組むとともに、仕事は明るく、また、楽しくやって参りたいと思っております。
 皆さん、よろしくお願いします。


 神武 満春  【緑町町内会長、今津校区自治協議会会計】

 30年度4月から緑町町内会長を仰せつかりました神武です。
 併せて自治協議会の会計を担当しています。

 町内会の会計を3年間経験させていただき、少しは町内会のことを理解していたつもりですが、まだまだ勉強不足だなと感じています。
 皆さんとのコミュニケーションを大切にしながら、自治会・町内会活動に取り組んでいきますので、よろしくお願いします。


 岩坂 政勝  【本町町内会長、今津校区自治協議会書記、広報委員長】

 平成30年度より町内会長に就任致しました。
 町内に於いては、伝統行事の継承保全と住民の皆様が参加しやすい環境作り、又は、安心安全の街づくり等多岐にわたり責任重大ですが、諸先輩方の方法を踏襲しながら出来る限り努めていきたいと思っております。

 自治協議会に於いては、会議のスムーズな運営の準備、その他行事の準備、及び今津校区の催事または良さなどを、各種団体・住民の皆様のご協力を得ながら内外に向けて発信していきたいと思っています。
 関係者・住民の皆様、今後ともご協力をよろしくお願い致します。


木下 衆治  【浜崎町内会副会長 校区防災会副会長】

 自治協議会には、浜崎町内会の副会長として平成28年度から参加しています。
 会の中では、30年度は校区防災会の副会長として、過去に例がない、想定外の災害が多発しているなか、校区の災害に対する危機管理体制の図ることが課題と思います。

 また、今津校区は国宝もある長い歴史と自然豊かな住みやすいところですが、少子高齢化が著しい現状の中で、いかに校区の活性化を図るか。
 定住化を促進し、子ども達が増えることが校区発展につながると思いますので、その活動に少しでも役に立てればと思っています。


大賀 泰洋  【岡町内会会長 校区交通安全推進委員会会長】

 岡区町内会も少子高齢化が進み、人口が減少しております。
 そういう中で、環境、福祉、防災等の課題に取り組み、安心・安全な住みやすい地域社会を作りたいと思います。
 校区では交通安全推進委員会会長をしております。高齢化社会で、特に高齢者・子どもの交通安全に努めたいと思います。


梶原 順一  【岡町内会副会長、男女共同参画の会副会長、岡町内会老人クラブ役員】

 分からないことだらけで何かと迷惑をおかけすると思いますが、自分なりに頑張っていこうと思います。
 よろしくお願いします。


横尾 正  【本町町内会副会長 すみよい今津をつくる会副会長】

 今津自治協議会で本町町内会副会長を30年度より努めております横尾正です。今津は、遠い昔太宰府政庁の頃、中国との貿易港でした。約800年前、栄西が中国に出航する前、今津に数年滞在していました。
約700年前、元寇襲来での元寇防塁が当時のまま残っています。そんな歴史・文化が他にも数々あります。生きた化石、カブトガニも今津の干潟に生存しています。今津にはきれいな松原、砂浜、海、山、自然があります。そんな今津のよさを、多くの人に伝えたいと考えています。


有松 宏  【緑町副会長、教育子育て部会会長、ホームページ担当】

 緑町副会長の有松宏です。
 緑町町内の環境整備、住民相互の連絡、福祉や防災など、皆様の多岐にわたるニーズに応えるべき立場です。勤務をしながらの大役ですので、十分なことは出来ないかも知れませんが、精一杯つとめたいと思います。

 校区では、子ども育成会副会長と「今津小学校の子どもを増やす取り組み」の一環である「教育・子育て部会」の会長を仰せつかっています。今津の子ども達が今津の良さを認識し、自尊感情や郷土愛を持てるようになるために、アンケートや子どもフォーラムを実施しています。その結果、他校区の方々が「今津の子ども達は幸せだね」「子どもを今津小学校に入れたいなあ」と、思っていだければと願っています。
 校区でのもう一つの担当は「今津自治協議会ホームページ」の管理運営です。いろんな行事やイベントに顔を出し、写真を撮ったりブログを書いたりしています。
 みなさん協力よろしくお願いします。


廣瀬 友雄  【大原町内会会長 校区環境活動改善グループ会長、今津元寇防塁松原愛護会会計】

 今津大原町内会長の廣瀬友雄と申します。
 現在は今津元寇防塁松原愛護会の会計をしています。後は自治協議会の中で環境活動改善グループの会長をさせていただいております。
 今は松原の草刈りは出来ていませんが、頑張ってまいります。


永次 健  【大原町副会長 今津校区防犯会長】

 大原町の副会長の永次健です。
 組長の経験はありますが町内の大役は初めてです。
 退職して七年目になりますが、現役時代は地域での活動よりも職場中心の活動でしたので地域のことは妻に任せていました。今は、細かな地名もため池の名前も分からず、人名に至っては石田○○、高城○○、塚本○○、中村○○、木下○○と覚えきれず悪戦苦闘の毎日です。七〇を過ぎたら地域のために何か役立つことをしたいと考えていましたので、素晴らしい良い機会だと思っています。
 粘り強く頑張ります。みなさん、協力をよろしくお願いします。


入江 種文  【今津福祉村 村長】

 はじめまして、入江種文といいます。生年月日は1、2、3でできる簡単人間で、昭和23年12月23日と分かりやすいものです。今年、古希(70歳)を迎えます。
 今津福祉村村長の任務は、今津小学校6年生の福祉の総合学習の場で教えていただいた言葉を使うと、今津を「【ふ】だんから、【く】らしやすい、【し】あわせに」するために、いろんな方々や施設の皆さんの知恵と力をお借りして、住みたくなる町をつくることです。
 そのためには住民の皆さんはもちろん、施設職員・利用者・家族の方々から積極的に福祉向上に向けたアイディアやボランティア活動に参加いただく環境を作ることだと思っています。特に、今年は若年者の方々が家族や地域活動へ関わっていける土壌づくりに励みたいと頑張って参りますので、宜しくご協力お願いします。


大田 好一  【スポーツ振興会会長、イベント部会会長、今津岡町内会組長】

 スポーツ振興会会長の大田好一です。
 私のモットーは「人とのつながり」「出会いを大切にする」
事です。古くからの住民も、移住されたばかりの若いファミリーも主役になって、新しい風と知恵を吹き込む人たちが増える様に、しっかり取り組んで行きたいと思っています。
 スポーツ事業、各種イベ
ント行事等にご助言、とアドバイスを頂けるよう願っています。
 今後とも、自治協各種団体の皆さまと連携もって取り組んでまいります。より一層のご支援ご協力お願い致します。


井上 隆博

準備中


中村 重美

準備中


坂井 浩子

 今津校区衛生連合会会長の坂井浩子です。衛生連合会の仕事内容は保健所と連携し、校区の皆様の健康で明るい生活を一緒に創り守っていく事だと思っています。
 病気について学んだり、ロコモ予防の運動や日々の献立を工夫することで体に良い食事を考える等、フレッシュアップ教室や件数を通して取り組んでいます。
 連合会の役をし、たくさんの出会いを頂きました。皆様、タフで明るく常に前向きに取り組んでいらっしゃいます。
 そんな皆様を見習ってできる事を一つでも多くお手伝いできたらと思っています。これからも宜しくお願い致します。


松田 光雄  【民生、児童委員(校区幹事) 福祉村民生部会会長】

 校区には、各町内に最低1名、合計8名の民生・児童委員がおります。お住いの全ての方々が、幸せな生活を営まれるように見守り等を行い、相談に耳を傾け、解決の為、少しでもお手伝い出来ればと、日々頑張っています。
 そして、少しでもとなり近所、町内、校区と、絆を深めることが出来ればと願っています。
 また、今津はご覧の通り博多湾に面し、災害も少なく、白砂青松、風光明媚で、福祉の村であり、約3kmに及ぶ元寇防塁がある歴史の里。
 この魅力いっぱいの今津の為、少しでも役に立ちたいと老齢にムチ打ち、頑張っていきたいと思っています。 


向田 良彦  【今津校区老人クラブ連合会会長、第五松壽会会長】

 平成30年4月に就任したばかりで、全て初体験でとまどっている現状です。
 今津校区内には7つのクラブがあり、町内に1~3クラブとなっていますが、残念ながら、役員になり手をがないことから、1町内にクラブがない状態となっています。

 老人クラブ活動の基本は、住んでいる地域で仲間とともに楽しく、健康で経験を生かして地域の役に立てることと考えています。私も民生委員として10数年活動し、貴重な体験をさせてもらいましたので、これを少しでも「ふれあいネットワーク活動」に生かして、地域の方々と楽しく暮らしていけたらと思っています。
 現在、現役を退かれても「おれはまだ老人ではない」と言われて入会していただけない方が多く、会員の減少に歯止めがかからない状況となっています。
老人クラブという名前が入会の障害になっていることも考えられますので、誰もが60歳を過ぎたら入会してもらえるネーミングを皆様と共に考えていきたいので、よろしくご協力力願います。


横尾 安弘  【すみよい今津をつくる会 会長】

 29年度は、皆さんのご協力によりたくさんの事業を行うことが出来ました。その中でも、三角池での花見、草刈り、干潟の清掃活動、そして教育・子育て部会主催の子どもフォーラムでは九大生の紹介・参加という形で支援を行い、フォーラムにおける子ども達の願いを実現させた九大伊都キャンパス見学も行いました。
 平成19年度にすみよい今津をつくる会が福岡市へ要望した事業、今津から九州大学伊都キャンパスへ連結する幹線道路の新設が、現在整備されており、今津と九州大学との距離がますます近くなっております。
 今後も九大生には今津の繋がりを継続するため、地域づくりに参加してもらいます。そして諸先輩方の行われた事業を見習い「すみよい今津」をつくるために頑張ってまいります。


笠 敬次朗  【今津小学校PTA会長 定住部会委員】

 今年度から今津小学校PTA会長をさせていただいています笠 敬次朗です。
 今津小学校は、他のどの小学校と比べても、圧倒的に地域の皆様に見守られた環境が充実していると思います。これは今津校区の長い歴史の中で歴代の先輩方が築き上げてこられた環境だと本当に感謝申し上げます。

 今津の子供たちは、自然がいっぱいの環境の中で安心して生活しています。また、減少傾向にあった児童数もここ数年の市街化調整区域でも家が建てられる。空き家リフォームで今津に住んでもらう。この2本立て施策のおかげでH28年度108人だった児童数が、H30年度127人と10人増加しました。転校生も少しですが増加しています。
 定住部会では、人口増加対策を考えています。今津の人口は、10年間で400~500人ずつ減少しています。何も対策しなければH50年には、2000人を割り込む状況です。少子高齢化は急速に進んでいます。本気で人口増加を考えなければ小学校の廃校、商店閉鎖など活気が失われます。
 実は、環境の良い今津に住みたいと思っている人が数多くおられます。しかし、空き家は多くありますが貸家はほとんどありません。今津校区の皆様のご協力が必要です。よろしくお願いします。
 今津校区を守るため、新しい時代を築くため活動してまいります。


松浦 善文  【玄洋中学校PTA副会長】

 玄洋中学校PTA副会長をしております松浦善文です。
 最近の少子化で子供の数が減ってきておりますが、今津校区と中学校の架け橋として頑張っていく所存です。地域の皆様にもいろいろとお手数、ご迷惑をお掛けすることも多々あると思いますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


正木 道利  【今津元寇防塁松原愛護会 副会長】

 今津長浜海岸松原は、元寇防塁という遺跡が共存したまれに見る松原です。史跡がもたらす快適な生活環境、風光明媚な景観、そのどちらも先人達が残した貴重な遺産であり、その遺産に我々は永い間守られてきたものです。
 大切な松原と元寇防塁を次の世代に引き継ぐことを使命として、今後活動を続けていきたいと思います。


中島 千尋 【子どもが増える環境づくり情報発信部会担当、ホームページ担当】

 情報発信部会及びホームページ担当の中島千尋です。
 主に自治協だよりの編集と、ホームページの管理運営をしております。
 自治協だよりでは、校区内の方々へ今津の行事やトピックスをお伝えしていますが、わかりやすく、そして少しでも地域の事に興味を持っていただけるよう心がけております。
 また、ホームページは、現在今津の課題となっている過疎化・少子高齢化を解決するために、平成28年にリニューアルいたしました。今津の魅力を校区外の方々へ発信し、一人でも多くの方が「今津に住みたい」と思ってくださるように、精一杯努めてまいります。
 どうぞよろしくお願いいたします。


中村 仁志  【今津公民館館長】

 新年度より、今津公民館の館長に就任しました中村仁志と申します。
 経験豊かな前館長の後任と言うことで、その重責、大役が務まるか心配ですが、精一杯に頑張っていきたいと思います。
 「朝日輝く柑子岳 夕日映ろう毘沙門の~」
 今津の歌にうたわれているように風光明媚な今津の地、自然と文化を継承しつつ、福祉の村として、発展していくことを願ってやみません。
 これからも、皆さんに親しまれる公民館をめざしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。


木下 志穂  【今津公民館主事】

 こんにちは。今津公民館主事の木下志穂です。公民館に来て4年目となりました。
 毎日、地域の方にいろいろなことを教えていただいています。花の名前や野菜の料理の仕方など、今まで知らなかったことも知ることができました。
 また、いつもあたたかい言葉をかけていただいてありがとうございます。時にはまじめな話もしますが、冗談を言ったり笑ったりするのも私にとっては大切な時間です。
 公民館にはロビーに今津の歴史年表・鷹島の「てつはう」などの展示・元寇防塁の写真パネル・絵画があり、校区の特徴がよく出た公民館になっています。いつも公民館にみえる方も、なかなか公民館に来る機会のない方も、みなさまお気軽においでくださいね。


今津駐在所

 今津駐在所です。今津駐在所は、明治21年に今津村に設置されました。その後、度重なる移転や管轄の変更を経て、昭和21年、現在の場所に今津駐在所として落ち着きました。
 駐在所の日々の業務を通じて、町の方々の弛まぬ努力の積み重ねでこの町の安全安心が保たれているということを実感させられることが多々あります。
 今津駐在所は、皆様と協力して、やるべきこと・やれることを精一杯、親切かつ積極的にやっていこうと考えておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。


中村 隆暢 【今津人形芝居保存会・恵比須座 代表】

準備中


竹之内 康 【西区歴史よかとこ案内人】

準備中


横尾新二 【消防分団長】

準備中